4年生

道徳科の研究授業

4年2組は、6月1日(火)に道徳科の研究授業を控えています。

それに先駆けて、4年1組でも道徳科の研究授業を行いました。

たくさんの先生方が見守る中、『どっちがいいの』という教科書の資料を使って、『規則の尊重(約束や社会のきまりの意義を理解し、それらを守ること)』について考えました。

まっすぐに腕を伸ばして挙手したり、『~さんの意見を聞いて、私は~だと思いました』と、仲間の意見をしっかり受け止めて、自分の考えと比べて発言したりするなど、とてもよい授業への取組が見られました。

改めて、約束やきまりの大切さに気づき、行動していこうと考えることができました。