学校行事

秋晴れの下、かがり火活動。

1学期に『かがり火活動(全校縦割り活動)』のグループでの自己紹介は行いましたが、その後、新型コロナの感染が拡大し、縦割り遊びができない状況が続いていました。

しかし、感染が収まってきたと言うことで、この日、今年度はじめての縦割り遊びを行いました。

の日に備えて、6年生は、全員、各グループのリーダーとして担当の先生と相談したり準備したりしてきました。

雲一つない(快晴)秋晴れの下、グループの看板を6年生が掲げて、縦割り遊びがスタートしました。

遊びが始まると、運動場いっぱいに子どもたちの元気な声が広がっていきました。

下学年児童の前に立って遊びを進めていった6年生は、どきどきしながらも、全校のために活動できたことに満足気な様子でした。

遊びが終了すると、活動の振り返りを行いました。

『今日の遊びは楽しかったですか。』という6年生の問いかけに、『はい!』と下学年児童が元気よくこたえていました。

6年生は担当の先生と、進行について振り返り、次回への課題設定をしました。

校舎へは、低・中・高学年と分散して戻る等、感染対策も忘れませんでした。