岐阜市立方県小学校について

学校紹介

方県の歴史は古く、大宝二(1702)年御野組「方県郡方々村里」戸籍が発見されている。平安期には、この方々里の後進で同郡六郷の一つに方県郷のなが発見されている。地名の由来は、低湿地に面した菱電のある土地という意味の潟上田(かたあがた)の訛化と言われている。

学校においては、明治6年7月に勤申義校として発足し、明治30年方県尋常小学校となっている。昭和37年から歯の健康教育に取り組み、今もその伝統は続いている。

自然豊かな広い校区であるが、子どもたちは仲良く元気に登校し、現在80名程度の児童が在籍し、よく学び、よく活動し、たくましいからだと、思いやるこころ、よく考えるあたまを育んでいる。

所在地

住所:
〒501-1109
岐阜市安食3丁目115番地
電話番号:058-238-8611
FAX:058-238-8231

校章

[校章の画像]
[校章の説明]

学校の教育目標

自ら学び、心豊かでたくましい方県の子

沿革

1873年(明治6年)  勤申小学校として開校
1897年(明治30年) 方県尋常小学校
1947年(昭和22年)  方県小学校
1973年(昭和48年) 創立100周年
2023年(令和5年)  創立150周年を迎えます。